いちご鼻 乳液

いちご鼻は、乳液を拒否することから始まるらしい

いちご鼻は、スキンケアの悩みのかなり上位にランクインすることが予想されます。
美肌を損ねる筆頭ですよね。

 

しかも、まずいのは、何とかしようと毛穴をファンデーションで隠したり、毛穴パックを使ったりしているうちに悪化する可能性があることです。

 

そもそもいちご鼻になる理由は、1、毛穴に詰まっている角栓などが黒い、2、毛穴自体が黒い、の2パターンに分かれます。
2はどういうことかと言いますと、毛穴の中自体が色素沈着しているのです。つまり汚れていようといまいと黒く見えるんですね。
元々の肌質もありますが、悪化させる原因は先に書いたようなこと、いじりすぎです。

 

メラニン色素は紫外線だけでなく、いろいろな刺激から肌を守ろうとします。
つまり肌に刺激を与えると増えます。そしてシミになることから解るとおり、容易に消えなくなります。

 

つまり毛穴の中いじりすぎは、いちご鼻を生産しているようなものです。

 

また逆に乳液を遠ざけ、肌バリアが不足してしまい防御不足になり、いちご鼻になることもあります。
肌の健康は程よい潤い=油っぽい乳液をスルーすると化粧水が蒸発、保湿不足=いちご鼻加速ということになるのです。

 

ではいちご鼻対策はどうすればいいのかというと、毛穴をしっかり開いてしっかり洗顔、もちろん刺激はNG,その後、しっかり保湿、毛穴自体が黒い場合は美白系アイテムを使うとよし、につきるのです。

 

毛穴を開くのは蒸しタオルでも何でも温めればOKです。
その後、たっぷりとした泡で洗顔をすること、洗顔料は自分の肌質に合ったものがベストです。
石鹸が意外に泡立つのでお勧めです。その後、しっかりすすぐこと、毛穴に石鹸成分が残ってはいけません。

 

その後あまり時間をおかず、化粧水、乳液と一気にふたをします。
保湿をせず開きっぱなしの毛穴は無防備、汚れが入りまくり、肌が乾きまくります。
早めの化粧水がキモです。しっかり馴染ませたら、乳液をつけておしまいです。
乾燥肌の人は、ほおなどに乳液を重ね塗りするか、クリームを足してもよいですね。

 

毛穴自体の黒ずみが気になる人は、美白アイテムもOKです。
この地道な繰り返しが、いちご鼻から遠ざかる方法なのです。